離農や休耕田の管理でお困りの方

いま、日本国内において、主食用米の需要が毎年8万トン程度で減少しています。
お米の需要が減っていくことで、水田農業が衰退化し、かつて栄えた国内の水田も、多くの地域でフル活用できていないのが現状です。
そこで政府は、稲作農家の方々を対象に新たに需要のある家畜用の飼料用米への返還を進めています。

ニュース

PAGE TOP